インレタ.com

インレタの貼り方

インレタを貼るときに用意するもの

インレタってどういうものに貼れるの?

インスタントレタリングの裏面には、シールやステッカーと同じように粘着剤がついています。そのため、市販のシールなどが貼りつく素材なら、インスタントレタリングも同様に貼ることができます

例えば、プラスチックやガラスはもちろん、紙や表面が滑らかな木材などにも貼りつきます。逆に貼ることができないのは、表面がざらざらしていたり細かい穴のあるもの、ゴムのように伸縮するもの、形状が安定しない柔らかいものなどです。

平面だけでなく、緩やかな曲面にも貼ることができます。極端にきつい曲面とは相性が悪く、インスタントレタリングにヒビが入ることがあるので、おすすめできません。

貼るときに用意するもの

インレタを貼っている最中の写真
  • インスタントレタリング
  • ハサミ or カッターナイフ
  • マスキングテープ
  • ティッシュ
  • 転写用工具バーニッシャー or 小さなスプーンや爪楊枝など
  • (エタノールなどの消毒用アルコール)
  • (ドライヤー)

インレタの貼り方・転写方法

インスタントレタリングは、誰でも簡単に貼ることができます。(専門用語では「転写する」と言います)
貼り付け作業時にあると便利な道具を使いながら、失敗しないためのコツなどを解説していきます。

インレタをハサミで切っているところの写真

1. インレタの台紙ごと、必要な部分を切り離す

ハサミやカッターナイフで、必要なデザイン部分を下の台紙ごと切り離してください。


デザインが隙間なくぎっしりと配置されていると、この切り離し作業にものすごく手間がかかったり、失敗しやすいです。デザインとデザインとの間隔は、最低でも3mm、オススメは5mm程度あけて発注することです! 楽に、そして効率よく作業できるようになりますよ。


インレタをマスキングテープで仮止めしている写真

2. 貼り付ける相手面をきれいに拭き、マスキングテープで仮止め

インスタントレタリングを貼り付ける相手面をきれいに拭き、水・油・ほこりなどの汚れを取り除いてください。汚れがあると、うまく貼りつきません。

そのあと、貼る位置を決めて、そこへマスキングテープで仮止めしてください。


貼り付ける相手面がプラスチックやガラスなどの場合は、消毒用アルコールを使って拭くのがオススメです。汚れや油脂をきれいに取り除けるので、インスタントレタリングがしっかりと接着できるようになります。


インレタの台紙を取り外している写真

3. インレタの台紙を取る

インスタントレタリングの透明なフィルムがずれたりしわにならないよう注意しながら、台紙 (この写真では白い紙) だけを取り外してください。


インレタをこすって転写している写真

4. 透明フィルムの上からデザイン部分をこすり、相手面に貼り付ける

貼り付ける相手面を痛めないよう注意しながら、バーニッシャーなど硬めのものでしっかりとこすりつけてください。この作業で、デザイン部分だけが相手面に貼りつきます。


インレタのフィルムをめくっている写真

5. ゆっくりと透明フィルムをめくる

マスキングテープは剥がさず、透明フィルムだけをゆっくりとめくっていきながら、転写されていない部分がないかを確認してください。デザイン部分がすべて転写できていることを確認できれば、そのまま透明フィルムとマスキングテープを完全に取り外してOKです。

もし転写できていない部分があった場合は、位置がずれないよう注意しながら透明フィルムを戻します。そして、転写できていなかった部分を重点的にこすりつけた後、もう一度透明フィルムをめくってください。


なかなかうまく転写できない場合は、ドライヤーなどでインスタントレタリングと相手面を少し温めてみてください。粘着力が強まり、貼り付きやすくなります。


転写されたインレタをティッシュで押しつけている写真

6. 仕上げに、ティッシュでインレタを押しつける

転写されたインスタントレタリングをよりしっかりと貼り付けるために、ティッシュを使って指の腹でギュッと押しつけてください。ティッシュを使わずに指で直接押しつけてしまうと、汚れや汗がついたり、剥がれてしまうことがあるのでNGです。

目には見えませんが、貼り付きの弱い部分があった場合でも、この作業で改善されます。


転写作業が完了したインレタの写真

完成!

お疲れさまでした! これで転写作業は完了です!

※ 商用製品にインスタントレタリングを使う場合などは、さらにアクリルやウレタンのクリアコーティングをして耐久性を高めてください


転写後2〜3日は、できるだけ触ったりせずに保管しましょう。粘着テープなどと同じで、インスタントレタリングも転写から2〜3日後に、接着力が高まって安定した状態となります。

転写用工具バーニッシャーも購入できます

バーニッシャーの写真1

1本 864 円 (税込)

インレタをこすって転写する際に使う専用の工具「バーニッシャー」も一緒に購入できます。すべりが良く、フィルム類の表面を傷つけません。
先端はそれぞれ、極小のボール形状、適度な大きさのスプーン形状にわかれているので使いやすく、小さな文字でも面積の広めのロゴでもきれいに転写しやすくなります。

あわせてご購入の際は、お見積もりフォームから必要な本数を入力してください。

バーニッシャーの写真2
バーニッシャーの写真3
バーニッシャーの写真4
ご注文の流れを見る 商品一覧を見る