インレタ.com

お問い合せは

tel.078-855-7396 営業時間10:00〜18:00(定休日:土日祝)
※ お電話の際に「インレタ.comを見た」とお伝えくださいませ。

インレタで貼り付けた様々な素材の写真

インスタントレタリングの貼り方

インレタの裏側に使用されている粘着剤は通常のシールと同じようなものとお考えください。
通常のシールが付きにくいものはインレタも付きにくいです。
マスキングテープを使用する事でキレイに転写しやすくなります。特に湾曲のあるものなどはしっかりと こすることが難しくなりますのでテープの仮止めをおすすめします。 以下手順とポイントを解説いたします。

1.台紙ごと必要な部分を切り離します。

インレタを台紙ごと必要な部分を切り離す写真

必要な部分だけを切りとるので、間隔が狭いと作業がしにくいですが、気を付けて切りましょう。

2.台紙が付いた状態で場所を決めてマスキングテープなどで止めます。

切り離したインレタをマスキングテープで留める写真

場所を決めたら動かないようにテープで押さえます。押さえるテープですが、あまり協力なテープだと素材そのものを痛める場合がありますので、なるべく粘着力の弱いテープを使用します。
※貼る素材によってはアルコールで表面を拭いて、脂分などを除去してやるとくっつきやすくなります。(脱脂といいます。) 

3.場所がしっかりと決まったら台紙を取ります。

台紙を取り外す写真

台紙ごと切り離しているので、位置が決まったら台紙を取り外します。

4.フィルムの上から転写する画像部分をこすりつけます。

フィルムの上からインレタの文字部分をこすりつける写真

貼り付きやすいものであれば指で押さえるだけでも転写されますが、ほとんどのものは少し堅いものでこすった方が上手くいきます。ヘラやスプーンなどでもOKです。
※なかなか上手くいかない場合はドライヤーなどでインレタを温めてください。粘着材は寒いと固まってしまうので、温めることで粘着性がアップします。

5.ゆっくりとフィルムをめくります。

透明フィルムのみをめくっている写真

この時、転写されていない部分があれば戻して再度こすります。完全にとってしまうと位置あわせが難しくなるので、なるべくゆっくり確認しながら行います。

6.すべて転写されたらティッシュペーパーなど柔らかいもので押しつけます。

ティッシュペーパーで転写されたインレタを押しつけている写真

フィルムをめくった直後はまだ不安定な状態なので、しっかりと素材にくっつくよう押し込みます。直接指の場合汗が付いていたりするとよくありませんので、必ずティッシュなどで押さえます。

7.完成です。

転写が完成したインレタの写真

インレタの粘着材はシールと同じようなものですので、耐久性はあまり高くありません。商品としてご使用の場合にはクリアコーティングの必要があります。現在クリアコーティングでインレタに不具合がでたという報告はいただいておりません。(クリア加工は自己責任でお願い致します。)